みやたサイクル自転車屋日記

miyacycle.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:修理( 12 )


2018年 10月 07日

『 JAMIS AURORA 』 のフェンダーサポート加工

『 JAMIS AURORA 』のフェンダーを支えているサポート部が、アルミ製の為に折れてしまい、ステンレスでの制作依頼が有りました。
e0126901_11122432.jpg
ネジ山がイギリスインチの為、国内ではネジ山を作る為の工具が簡単に手に入らない為、メートルネジ規格に変更する事に致しました。


e0126901_11123706.jpg
ステンレスの無垢棒に真直ぐ穴を掘る機械が無い為、外注依頼致しまして、その穴にネジ山を作って行きます。


e0126901_11132835.jpg
ステンレスは、加工が難しく、ネジ山を作るタップが、開始10秒で折れてしまいました。


e0126901_11133801.jpg
そこで登場、『 ステンコロリン 』ステンレスのみならず、鉄の切削加工も楽になります。


e0126901_11134213.jpg
タップを、スパイラルタイプに変更し、作業効率UP!


e0126901_11134646.jpg
あと1本で、ネジ切り作業終了!という所で、奥深く入ったタップがポッキリ折れてしまい、抜き取る事は困難なので、もう1本材料を切り出していただきました。


e0126901_11124551.jpg
ネジを切り出したパイプ状の物に、今度は、ネジで車体に取り付けるタブを溶接します。
そのタブも、ステンレスの板から切り出して、溶接します。


e0126901_11130489.jpg
サポートの雄ネジを切り落とします。


e0126901_11130069.jpg
そこに、ネジの頭を切り取った雄ネジを溶接します。


e0126901_11131072.jpg
ネジ山を、ダイスで綺麗にします。


e0126901_11132284.jpg
サテン仕上げにした、雌ネジ部をねじ込み作業が完了いたしました!


e0126901_12444108.jpg










[PR]

by miyatacycle | 2018-10-07 12:45 | 修理 | Comments(0)
2018年 09月 29日

アルミフレームのディレーラーハンガーの修復

他店からの依頼で、ディレーラーハンガーの修復作業をさせていただきました。



e0126901_10562667.jpg
ディレーラーの取り付けネジ穴が削れてしまい、ディレーラーが取り付けられない状態に・・・。



e0126901_10563478.jpg
他のディレーラーハンガーをカットして、



e0126901_10564275.jpg
切り取った物に合わせて合わせて、フレームもカットします。



e0126901_10565151.jpg
そこに溶接で接合します。



e0126901_10565545.jpg
余分に肉盛りをして・・・



e0126901_10570104.jpg
荒削り。



e0126901_10570509.jpg
慎重に段差が無くなる様に削ります。



e0126901_10571148.jpg
温めて・・・



e0126901_10571350.jpg
塗装を施し、ネジ山に付いた塗装を削り、完成しました!


場合によっては修復できない場合もございますが、御相談下さいませ。
溶接作業で熱が入ってしまいますので、元の強度を保つ事はできませんが、自転車に乗れる様に協力させていただきます。







[PR]

by miyatacycle | 2018-09-29 11:37 | 修理 | Comments(0)
2018年 09月 17日

アルミフレームの修理

アルミフレームの割れを修理させていただきました。
シートポストのクランプ部が割れてしまった様で、溶接での修理を承りました。

e0126901_07211710.jpg


割れてしまった部分を溶接
e0126901_07212294.jpg
内側からも溶接。
e0126901_07212784.jpg



溶接部分を削ります。
e0126901_07213787.jpg


外側も溶接部分を削り、綺麗に仕上げます。
e0126901_07214120.jpg
塗装はせずに、納めさせていただきました。
※塗装を承ることも可能です。


溶接での修理は、場合によってはお断るすることが有りますので、ご了承くださいませ。





[PR]

by miyatacycle | 2018-09-17 08:44 | 修理 | Comments(0)
2018年 07月 10日

ディレーラーハンガーとシートポスト

ディレーラーハンガーかポッキリ折れたらしく、ナットが溶接された自転車にストッパーを付けてほしいと、修理依頼を受けました。
しかしそれだけでは…
e0126901_12542448.jpg


先ず、ストッパーを溶接する為に、材料を削り出して一を合わせて溶接します。
e0126901_12544091.jpg


溶接した後に、きれいに溶接痕を削ります。
e0126901_12551016.jpg



ナットのネジピッチが違った為、タップでねじを切り出そうとしたのですが、ネジの溶接が表面しか溶接されていなかったらしく、ポロっと外れました…。
e0126901_12552661.jpg



ハンガー部を作り直した良いと考え、またまた材料を切り出します。
e0126901_12554918.jpg


削り出した材料をフレームと位置を合わせます。
e0126901_12571367.jpg


しっかりと溶接いたします。
e0126901_12571995.jpg


綺麗に溶接痕を削り形を整えます。
e0126901_12574072.jpg


艶消しのブラックになってしまいましたが、塗装を施します。
e0126901_12575315.jpg


新しいディレーラーを取り付け、調整し作動確認。
e0126901_12582774.jpg



そのディレーラーハンガー修理作業と同時進行で、固着したシートポストの抜き取り作業も行っていたのですが、煮ても焼いても、ビクともしなかった為に強硬手段の、縦に切り込みを入れて、抜き取る作戦を決行。
e0126901_12593120.jpg



かなり長いシートポストで、奥まで切る事ができず作業中断…。
e0126901_12594128.jpg


最後の手段として、オーナー様に承諾を得て、フレームカット。
固着している場所に目星をつけ、マスキングテープでマークした位置をカット
e0126901_13001934.jpg


切り取っただけでは、作業は終わりません。
e0126901_13004119.jpg


固着した部分に、遊びを作り出す為に慎重に削ります。
e0126901_13005672.jpg


腐食してシートポストの抜き取りに成功!
e0126901_13010258.jpg


抜き取った後は、元に戻す作業です。
真っ直ぐになるように溶接します。
e0126901_14033670.jpg


溶接痕を削り形を整えます。
e0126901_14041034.jpg


自転車の雰囲気に合うように艶消しのブラックに塗装。
e0126901_14044233.jpg
作業の為に外していた部品を元に戻どおりに組み付けます。
e0126901_14045543.jpg


眠っていた自転車が、蘇りました!
e0126901_14050255.jpg

自転車は、古くなったら買い替えればいいと思っている方が多い時代になってしまいましたが、大切に長く乗っていただけると、自転車も大変喜んでいると思います!
安い自転車が多くなって、大切に乗っていただけない自転車を見ると大変残念に思います。
自転車に限らず、物を大切にする社会になれば良いなぁ~、と切に願います







[PR]

by miyatacycle | 2018-07-10 07:28 | 修理 | Comments(0)
2017年 07月 02日

前輪うねうね〜

最近自転車と車、自転車と自転車の事故が増えています。
自転車が横から追突しただけでも、ステンレスリムの丈夫な自転車は、写真の様にグニャグニャに曲がってしまいます。
e0126901_15143705.jpg


日常生活していると、車のマナーも自転車のマナーも低下しているように思えます。
かもしれない運転』で事故に遭う確率を低くしましょう!



みやたサイクル
みやたサイクル Facebook



[PR]

by miyatacycle | 2017-07-02 15:20 | 修理 | Comments(0)
2016年 03月 20日

ディレーラーハンガー修正と原因

暖かくなり、春が一段と近づいてきましたが、週末は少し寒いですね。
ディレーラーとハンガーが曲がり、修理で入庫した自転車の修理が完了しました。
e0126901_08015628.jpg
ディレーラーとハンガーが曲がる原因は、右側への転倒時に、ディレーラーガードの付いていない自転車は、ディレーラーもしくは、ハンガーがタイヤ方向に曲がってしまい、気が付かずに乗り、ローギヤに変速するとスポークにディレーラーが絡まり、大きく変形します。
転倒して怪我の原因にもなりますので、乗車前点検をお勧め致します。




[PR]

by miyatacycle | 2016-03-20 08:14 | 修理 | Comments(0)
2015年 09月 10日

電動アシスト自転車のドリブンギヤ不良

2009年の『ブリヂストン リアルストリーム』アシストユニット部でチェーンが外れそうに、『ガチャ、ガチャ』音が鳴るとの事で、当店にて購入のお客様が、自転車を持ち込まれました。
この症状が出ますと、ユニット内部の『ドリブンギヤ アッセンプリー』の交換をすると直る事が有るようなのですが、以前交換しても直らない事が有ったので、数日間お預かりし、いろいろと検証させていただきました。
営業時間内に、組み付けたり、バラシたりという作業が難しい為、閉店後や開店前に作業する事3日間・・・。
e0126901_04052832.jpg
おそらく、使用頻度が少なかった為にギヤの動きが渋くなっていたモノと思われた症状を改善し、お客様にお渡ししまして、作業結果に満足していただきました。
e0126901_04051977.jpg
今回は、当店で解決できましたのでお客様の負担が少なく済みました。






[PR]

by miyatacycle | 2015-09-10 04:29 | 修理 | Comments(0)
2015年 07月 30日

リムの歪み

今年の春に販売した『TAKEDA』チャクル』が修理で持ち込まれました。
ノーパンクタイヤなので、パンクしない事は良いのですが、それ以外の修理は、他の自転車と同じです。
学校に駐車していたところ、倒れていてリムも歪んでいたそうです。
近くに駐車してあった自転車も、同じように倒れて壊れていたそうです。
何か横から強い力がかかってしまったのでしよう。
e0126901_08201259.jpg
リムだけ交換することもできるのですが、タイヤを止めるピンの部分が、引きちぎれてしまったのでタイヤも交換になります。
e0126901_08201626.jpg
リムとタイヤを交換し、周りのゆがんでいた部分も修正、調整し、お客様に納めました。
当店で購入された自転車ですので、チョットですがサービスさせていただきました。

故意に壊されたのか、ぶつけてしまった事故なのか判りませんが、酷い曲りでした。




[PR]

by miyatacycle | 2015-07-30 08:36 | 修理 | Comments(0)
2011年 07月 19日

タイヤ、ガタガタ

蝦夷梅雨も明けたようで、天気が良くなってきましたね。
本日は定休日でございます。
e0126901_1225109.jpg


最近、『タイヤがガタガタなる』と自転車を持ち込まれるお客様が増えてきました。
大半が、ハブ軸(タイヤの中心)のグリス切れが原因で、ベアリングが摩耗し、内部でばらばらになっています。
e0126901_12314133.jpg

早めに分解掃除していただければ、この事態は防げるのですが、持ち込まれる車両は、1万円前後の自転車でして、元々グリスの入りが少ないとか、雨ざらしで冬も雪の中に放置などで、メンテナンスもさほどしていない様子で、少々悲しい、、、こうなって当然の事態でございます。
なってしまっては仕方がありませんので、キッチリ修理いたします。
e0126901_12402993.jpg

全てを洗浄し、
e0126901_12411154.jpg

変摩耗していないか、チェックし組み付け。


これと、違うケースもございます。
何と、軸が折れてしまっているのです。
e0126901_12423977.jpg



グリスは、固着していますが、悪い状態ではなさそうです。
e0126901_12451245.jpg


洗浄し、新しいハブ軸を組み付けます。
e0126901_12472847.jpg



たぶん、購入時以上にスムーズな回転を得られた事でしょう。
今乗られている自転車を見直し、大切に!





みやたサイクル
[PR]

by miyatacycle | 2011-07-19 12:49 | 修理 | Comments(0)
2010年 07月 04日

ぎゃあぁぁぁぁぁ!

先日、お客様の自転車のパンク修理をしたのですが、いろんなところに穴が開いていたので何が刺さったのだろうか、、、と、考えていたら、、、
e0126901_1330474.jpg

ん?





何?





e0126901_13322159.jpg

ネジが出てきました、、、

タイヤに、刺さったままのネジはよく見ますが、チューブにinしているのは、初めて見ました。
恐ろしや、、、





みやたサイクル
[PR]

by miyatacycle | 2010-07-04 13:51 | 修理 | Comments(0)