人気ブログランキング |

みやたサイクル自転車屋日記

miyacycle.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 03日

チューブもタイヤも交換になっちゃいます。

最近パンク修理に来る自転車で非常に多い症状をご説明させていただきます。
タイヤのサイドウォールが割れている場合、大半が、チューブの摩耗によるパンクです。
e0126901_10191922.jpg
ブリヂストンのタイヤは、国内他社ブランドに比べても比較的割れにくいのですが、チャイルドシートがついた電動アシスト自転車でしたので、大きな負荷が、かかっていたのかと推測します。
e0126901_10225618.jpg
タイヤに亀裂がなかったとしても、バルブの固定ナットを緩めた時に斜めになる物は、バルブ付近にチューブ蛇腹状に寄って傷んでいます。
e0126901_10263352.jpg
その場合は、チューブが伸びてタイヤ内に収まらないのと、チューブ全体が傷んでいて他傷んでいる場所も穴が開いてしまう可能性があるため、交換になります。
場合によっては、バルブの根本が千切れる事も有ります。
e0126901_11050066.jpg

タイヤのきれつも破裂してしまう可能性がある為交換になります。

「最後に空気を入れたのはいつですか?」と質問すると、「春に入れたか入れないか…」という回答も少なく有りません。

最低でも月に一回はタイヤの空気を入れましょう!








by miyatacycle | 2019-10-03 10:08 | メンテナンス | Comments(0)


<< ヤマハ YU240 ゆっきぃ      フリーギヤが空回り・・・ >>