人気ブログランキング |

みやたサイクル自転車屋日記

miyacycle.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 16日

タンクに水が・・・

雪が積もりだすと、除雪機の修理が多くなります。
今回の修理は、『エンジンがかかるが、すぐ止まってしまい再度かからなくなる』という現象。
ガソリンに水が混入し、その水が凍結した為に、ガソリンが流れなくなるのでエンジンが止まって、かからなくなってしまうのです。
コックのドレーンから、ガソリンを抜くとガソリンと一緒に水が出てきます。
ガソリンタンクのガソリンを半分ぐらい抜き、ガソリンタンク内を覗くと、まだ水が溜まっています。
(写真のドーナツ状に見えるのが、排出口の周りに溜まった水)
e0126901_07393013.jpg
全て抜き終わると、かなりの量の水が混入していました。
(写真の、液体の底に溜まっているものが、ガソリンタンク内に溜まっていた水です)
e0126901_07390449.jpg


コックの下部に有る、ストレーナーにも水がいっぱいになっていました。
e0126901_07390963.jpg
水が混入する原因は、
・夏季の保管時に、ガソリンを完全に抜く、もしくはガソリンを満タンにしていない為に、タンク内に水蒸気が溜まり、水滴に成って水が下部に溜まる。
・ガソリン給油時に、給油口から雪が入る。
・ガソリン携行缶に溜まった水が、給油時にガソリンと一緒に流れ込んでしまう。
等が考えられます。
屋外で、保管している方は、特に気を付けて下さいませ。

ガソリンの取り扱いは、十分に注意して、管理いたしましょう。







by miyatacycle | 2016-01-16 08:19 | 除雪機 | Comments(0)


<< 2014 KONA WO カスタム      2016 新年あけましておめで... >>